秘密の「メーカーランキング」をもらえます。
↓ ↓ ↓

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

2018年度の太陽光発電買い取り価格

2018年度(平成30年度)の太陽光発電買い取り価格は次のようになっています。


なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられています。

住宅用(出力10kW未満)の2018年度の買取価格を見ると、昨年度と比較して1kWhあたり2円下がっています。

ただし「ダブル発電」だと昨年度と同じ買取価格となっています!


タグ

2019年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:太陽光発電 買い取り価格 2018

2017年度以降の太陽光発電買い取り価格

2017年度(平成29年度)以降の太陽光発電買い取り価格は次のようになっています。


なっとく!再生可能エネルギー 固定価格買取制度

北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられています。

住宅用(出力10kW未満)の2017年度の買取価格を見ると、昨年度と比較して1kWhあたり3円ずつ下がっています。

ただし「ダブル発電」だと昨年と同じ買取価格となっています!


タグ

2017年6月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:太陽光発電 買い取り価格 2017

2016年度の太陽光発電買い取り価格

2016年度(平成28年度)の太陽光発電買い取り価格は次のようになっています。

2016年度の太陽光発電買い取り価格
(http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/kakaku.html)

住宅用(出力10kW未満)の買取価格は、昨年度と比較して1kWhあたり2円ずつ下がっています。

ご存知の方がほとんでしょうが、2016年度(平成28年度)というのは
2016年4月~2017年3月(平成28年4月~平成28年3月)
になります。


タグ

2016年4月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:太陽光発電 買い取り価格 2016

このページの先頭へ