秘密の「メーカーランキング」をもらえます。
↓ ↓ ↓

太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

太陽光発電 買い取り価格 ダブル発電

太陽光発電買い取り価格、ダブル発電の場合は31円/kWhとなっています。
(2013年度)

太陽光発電 買い取り価格 2013

(http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/kaitori/kakaku.html)

調達期間は10年。

昨年度は34円/kWhでしたから、3円ほど下がったことになります。

「ダブル発電だろうがなんだろうが余っている電力を売るんだから高く買い取ってよ」なんて思う人もいるかも知れませんが、再生可能エネルギーを普及させることが目的の制度なので、そうでない発電システムが動いている場合には、その分を差し引いて考えるという仕組みになっています。
(その差が2013年度は便宜上7円/kWhということになります)


タグ

2013年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:太陽光発電 買い取り価格 2013

太陽光発電 買い取り価格 2013

太陽光発電2013年度の買い取り価格は、2012年度に比べて5円(/kWh)ほど値下げされる方向で検討されています。

★太陽光発電「高すぎる」買い取り価格 13年度から値引き下げへ (1/2) : J-CASTニュース

http://www.j-cast.com/2013/01/22162254.html

平成24年度(2012年7月~2013年3月)の買取価格は、(一般的には)42円/kWhですが、これが30円台後半円//kWhになるのではないかと言われています。

報道にあるように「高すぎる」買い取り価格というのは、設置する側からすると「お得な」買い取り価格と言えます。
(よくない表現かもしれませんが、「おいしい」買い取り価格とも言えるかも・・・)

普及を進めるために高めに設定されていた、と見ることもできると思います。

技術の進歩に伴い、システム費用や設置にかかる金額はこれからも下がっていくことが考えられますが、各種補助金や電気の買い取り価格もだんだんと少なくなっていくのではないでしょうか。

どのタイミングで導入するのがいいのか、というのは一概には言えなさそう。

ただ、上記の記事にもあるように、設備申請から認定までに1ヶ月ほどかかるのが通常のようです。

なのでもし「2012年度内に売電認定を受けるところまでもっていきたい」という場合には2012年2月後半にはシステム設置が終わっている、といったスケジュールで動く必要があります。

ソーラーパネル


タグ

2013年1月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:太陽光発電 買い取り価格 2013

このページの先頭へ